pacific home

無料
資料請求
分譲住宅
来場予約
ご紹介
キャンペーン
MENU
Column

コラム

土地 2020.03.19

旗竿地について

旗竿地とは

旗竿地とは、道路に接する出入口が細長い通路になっていて、その奥に敷地がある形状の土地のことです。
竿に旗を付けたような形状なので、旗竿地と呼ばれます。不動産用語では延敷とも呼ばれています。
色々な形の土地がある中でもこの「旗竿地」は特殊な形の土地といえますが、意外に多く土地探しをしている皆様も目にすることが多いかと思います。「旗竿地」は形が特殊なだけに注意したほうがいいことがたくさんあります。
今回はそんな「旗竿地」についてメリットとデメリット、注意したほうが良いポイントについて詳しく見ていきたいと思います。

旗竿地のメリット

土地の価格が安い

敷地が奥まっているため、リビングの前に人が通ることがなく静かな生活を送ることができる

土地の形が変形しているため、同じエリアの土地に比べると、かなり安価な金額で購入することができます。
また、敷地の側を車や人が通ることがないため、不特定多数の通行人の視線が気になることもなく道路を走る車の騒音なども気にしないですみます。
また、敷地に入ってから玄関までのアプローチが長いため、不特定多数の人が入りにくく、防犯的にも優れています。

 

旗竿地のデメリット

光が入りにくく風通しが悪い

駐車が不便

建築コストが割高になることがある

道路が狭いので、重機が敷地に入れないケースも多く職人の作業が増えてコストが高くなることもあります。また水道管や電線が届いておらず、工事費用が別途かかるケースも多いです。

 

パシフィックホームの分譲住宅では

そんなメリットデメリットを抱える旗竿地ですが、弊社の分譲住宅では、メリットはそのままにデメリットをメリットに変えることで、旗竿地の価値を高める努力をしております。

例にあげると、まず、デメリットである採光と風通しについては、画像1・2のように南面に庭を作ったり、吹抜けやトップライトを付けたりすることで対応しております。また、計算された場所に窓を付けることにより、風が家の中を抜けるように設計しております。
駐車については、全てではないですが、画像3のように入り口付近の間口を5.5Mほどに設計し、並列駐車できるようにしております。また、通路幅も2.5M~3.0Mにしており、将来建物を建て替える際に重機が入れるようにして、将来的な負担にも備えてあります。
また建売住宅のため、水道、電気、ガスなどのインフラ設備、外構などは完成した状態でのお引渡しになるため、その後の出費を抑えることができます。

最後に

弊社の旗竿地の物件は、デメリットを最大限のメリットに変更して設計しています。そのため、価格、間取り、エリア全てにおいておすすめとなります。
ぜひ、一度現地に足を運んでみてください。

Contact Us ご相談・お問合せは無料です

パシフィックホームの家づくりに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

0800-200-4166 9:00〜18:00 定休日:水・木

【通話無料】タップで電話をかける

【お知らせ】
2000年12月〜2006年12月頃にお引渡しした弊社物件で採用しておりました、大建工業株式会社製の室内ドア丁番に不良品が混入している可能性があるためお知らせ致します。この事象はドアの開閉を繰り返すことで、丁番の軸が抜け、ドアが倒れて事故・怪我に至る恐れがあります。
大変危険ですのでお手数ではございますが、前述のお引き渡し期間の物件にお住いの方は[大建工業株式会社ホームページ]に対象製品・無料点検等のご案内がございますので、メーカーへ直接ご連絡いただけますようお願い申しあげます。

大建工業株式会社 室内ドア丁番点検のお知らせ(ホームページURL)
https://www.daiken.jp/news/detail/20170412142251.html