pacific home

無料
資料請求
分譲住宅
来場予約
MENU
Spec

性能について

  • HOME
  • 性能について

安心・安全・快適を実現する
「ちょうどいい住まい」

これからの住まいは安心して永く快適に暮らせることが基本です。パシフィックホームは住まいの耐震性はもちろん、快適に暮らすための断熱性や家を永く保つためのメンテナンス性を考え次世代まで安心して暮らせる住まいづくりをしています。

パシフィックホーム テクノロジー

  • 耐震性

    耐震性

    耐震等級3

    地震の多い日本で安心して暮らすには耐震性は重要です。
    建築基準法の耐震基準の1.5倍の地震力に耐えられるだけの耐震強度水準です。
    パシフィックホームでは、構造計算を行って耐震等級3を取得しています。

  • 劣化対策

    劣化対策

    劣化対策等級3

    通常想定される自然条件および維持管理を行う条件の下、3世代(おおむね75年~90年)に渡って大きな改修工事をしなくて済む対策をして劣化対策等級3を取得しています。

  • 維持管理

    維持管理

    維持管理対策等級3

    補修・点検のしやすさに特に配慮した、給排水管の設置や点検口を設けるなどして維持管理対策等級3を取得しています。

  • 温熱環境

    温熱環境

    断熱等性能等級4

    外壁・窓などの断熱性能、冷房時の日射熱対策など省エネ対策。結露の発生を抑制するための対策を、壁や天井・床などへ施し最高ランクの断熱等性能等級4を取得しています。

住まいの性能をわかりやすく

パシフィックホームでは、住宅性能評価書を取得しています。国土交通大臣等に登録された指定確認機関の検査員による第三者機関の検査を行うことで、優れた性能・品質を確保しています。

住宅性能評価とは

住宅性能評価とは
住宅性能表示制度とは、平成12年4月1日に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく制度です。良質な住宅を安心して取得できる市場を形成するためにつくられた制度で、住宅の性能を等級でわかりやすく表示しています。 住宅性能表示制度は2種類に分かれています。設計段階で図面を確認する「設計性能評価」と、住宅完成後に確認する「建設性能評価」があり、パシフィックホームでは設計性能評価・建設性能評価を取得しております。

※物件・プランにより取得状況が異なる場合があります。

長期優良住宅とは

長期優良住宅とは
長期優良住宅とは、長期にわたり安心・快適に住み続けられるよう、構造及び設備に対策が講じられた住まいのことです。長期優良住宅の建築及び維持保全の計画を作成し、申請することで基準に適合する認定を受けた住宅です。

※物件・プランにより取得状況が異なる場合があります。

性能と品質を
確保するための検査体制

パシフィックホームでは、性能と品質を確保するため以下のタイミングで、自主検査だけでなく第三者評価機関による検査を行っております。
性能と品質を確保するための検査体制 性能と品質を確保するための検査体制

●:建設性能評価取得に必要な検査
◎:独自で依頼している検査

2×4工法

耐震性 気密断熱性 耐火性
  • 2×4工法
  • 地震や風などの力

床面と壁面、壁面と天井面の接合もより強固になり相互に支え合うため6面がしっかりと一体化し、地震などの外部からの圧力も各面にバランスよく分散・吸収します。
これにより高い耐震性能を発揮し、家のねじれや倒壊・変形を防ぎます。

  • 省令準耐火住宅認定。
    火災保険料がお値打ちに。

    火災保険料の比較(一例)

    省令準耐火住宅認定。火災保険は約半分に。 省令準耐火住宅認定。火災保険は約半分に。

    パシフィックホームは、住宅金融支援機構が定める準耐火構造に準ずる防火性能を持つ省令準耐火構造として建てられています。そのため、火災保険料が安く設定されます。
    (2021年5月現在保険料)

  • 2×4住宅は、
    地震保険料もお値打ちに。

    地震保険料(+家財保険)の比較(一例)

    2×4住宅は、地震保険料が約2/3に。 2×4住宅は、地震保険料が約2/3に。

    パシフィックホームの住宅は、2×4工法独自のモノコック構造で支えられています。そのため、地震保険料が安く設定されています。
    (2021年5月現在保険料)

Contact Us ご相談・お問合せは無料です

パシフィックホームの家づくりに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

0800-200-4166 9:00〜18:00 定休日:水・木

【通話無料】タップで電話をかける