pacific home

無料
資料請求
分譲住宅
来場予約
MENU
Column

コラム

間取り 2020.01.08

リビング階段のある家

リビング階段のメリット・デメリット

リビング階段とは、その名の通りリビングに設けられた階段のことを言います。「空間が広くなる」「おしゃれになる」などの利点から採用される機会がここ数年増えてきました。
リビング階段には、開放感や家族のコミュニケーションが増えるなどのメリットもありますが、デメリットもあります。
今回は、リビング階段のメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。

リビング階段のメリット

まずはリビング階段の4つのメリットを見てみましょう。

家族と顔を合わせる機会が増える

一般的な階段では2階へ行くときにリビングを通らないため、誰がいつ帰ってきて、出掛けていったかがわかりづらいです。その点、リビング階段は構造上リビングを通らなければ2階へ上がる事ができないため、自然と家族が顔を合わせる機会が増え、コミュニケーションもスムーズになります。
特に幼いお子さんのいるご家庭では、お子さんの体調や様子が気になるものです。リビング階段を採用することで、普段から自然と様子を伺えるためお子さんとのコミュニケーションも取りやすく、安心して子育てのできる住まいになります。

明るく空間が広く感じる

リビング階段を採用することで「リビング」「階段」「2階」の空間がつながり、上下に視線が抜けるようになります。そのためリビングが広く感じられます。さらに吹き抜けと組み合わせることで自然採光が取れ、より明るく広々とした空間を作ることができます。
例:図1のような一般的な階段は、壁で仕切られているため狭く暗い空間になりますが、図2のようなリビング階段は階段の壁がなく開放的で明るい空間になります。

部屋がオシャレに

リビング階段を採用することによって殺風景な部屋が途端にオシャレになります。これは階段がアクセントになることと、リビングが広くなることから空間全体に活気がでることによります。
リビング階段には、「キッズステージが設けられたリビング階段(※1)」「踏板と骨組みだけで構成されているスケルトン階段(※2)」「階段下に収納スペースを設けたもの」などがあります。リビング階段の取り入れ方次第で、様々なオシャレが楽しめます。

生活スペースが広く取れる

リビングから直接階段が使えるため、階段へ行くための廊下が必要なくなります。そのため廊下スペースを最小限抑えられ、その分リビングやダイニングなどの生活スペースを広く取ることができます。リビング階段の形によっては下部に収納を設けることもでき、空間の有効活用に繋がります。

リビング階段のデメリット

リビング階段にはメリットだけでなくデメリットも存在します。一度採用してしまうと簡単にはリフォームできないなど、採用する際はデメリットも理解した上で検討することをおすすめします。

暖房効率が悪くなる

リビング階段は1階と2階への仕切りがないため、冬場は暖かい空気は2階へ、冷たい空気は1階へ降りてきます。その為、暖房効率が悪くなってしまいます。
【対策として】
リビング階段のつくり方にもよりますが、階段にカーテンや引き戸、ロールスクリーンを設置することで空気の出入りを最小限にするなどの対策があります。また、吹き抜けがある場合にはシーリングファンを使うことで上下の温度差をゆるやかにします。

生活音が響きやすい

リビング階段は家族の気配を感じられるというメリットがありますが、逆に言えば1階と2階の生活音が伝わりやすいといったデメリットになります。
【対策として】
1階と2階のつながりをリビング階段だけに限定し、リビング階段と吹き抜けとを組み合わせないようにすることで生活音の響きを低減させることができます。

来客の際に気を使う

2階から1階のお風呂に行く場合、お客様が来ているとリビングを通るときに気を遣います。また、友達を連れてきたお子さんが部屋に行く時にリビングを通るため、リビングでくつろいでいる時の身なりや、リビングの清潔感などに気を使うこともあるかもしれません。
【対策として】
リビング階段とリビング・ダイニングの位置関係を調節し、「玄関からリビング階段までの人が通る動線」からソファの正面側や、ダイニングが見えないようにすることで直接の視線を軽減できます。
また、格子ルーバーや少し背の高い植物・インテリアなどで開放感を損なうことなく、自然に視線を遮るなどの方法があります。

最後に

リビング階段は、開放的で明るい空間を作ることができるという特徴があり、取り入れ方次第でオリジナルの雰囲気を作り出すことができます。生活音が響きやすいなどのデメリットも存在しますが、「開放的な家にしたい」「個性ある住まいにしたい」という方は採用を考えてみてはいかがでしょうか?
パシフィックホームの分譲住宅には、物件により様々なリビング階段を採用した住まいがあります。機会がありましたら、是非現地見学会でご覧ください。

Contact Us ご相談・お問合せは無料です

パシフィックホームの家づくりに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

0800-200-4166 9:00〜18:00 定休日:水曜日

【通話無料】タップで電話をかける