pacific home

無料
資料請求
分譲住宅
来場予約
MENU
Column

コラム

設備・性能 2019.12.18

床暖房のメリットデメリット

床暖房

床暖房は、エアコンに比べ乾燥しにくく、ファンヒーターやエアコンと違い風を起こさないのでホコリを部屋に巻き上げないなどの特徴を持つ暖房設備です。
冬場は足元からの冷えが辛く、エアコンではなかなか床付近が温まりませんが、床暖房は足元から優しく部屋全体を暖めてくれます。そのような利点から床暖房の人気は高まってきており、多くの方が新築購入やリフォームの際に希望されます。
今回はそんな床暖房についてご紹介します。
床暖房は大きく分けて2つの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。導入する前の参考にしてみてください。

床暖房のメリット・デメリット

メリット

足元の冷えを防止します
暖かい空気は高いところに移動する性質を持っているため、エアコンなどで部屋は温まっていても足元が冷たいという思いをされている方も多いはず。床暖房は、床から暖めるから足元もポカポカです。
輻射熱で部屋全体が暖まる
床暖房は、部屋全体に伝わる輻射熱で部屋を暖めます。室内の上下の温度差も緩やかになり、のぼせるような感覚が起こりにくくなります。
乾燥しにくい
室温が上がると湿度が下がってしまいます。床暖房は足元が暖かいため、エアコンよりも低い室温で暖かさを感じることができます。そのため、エアコンよりも乾燥しにくいのが特徴です。
ホコリが舞いにくい
エアコンは風が起こしますが、床暖房は風を起こさず部屋を暖めるため、ホコリやペットの毛などを舞い上げないから空気がキレイ。
火を使わないので安心
ファンヒーターやストーブなどは、ぶつかって倒してしまったり、火傷や火事の心配があります。床暖房は火元がないので、小さなお子さまやペットにも安心です。

デメリット

ランニングコストが高い
エアコンや他の暖房器具に比べ、月々のランニングコストが高くなる傾向があります。
導入費用が高い
他の暖房器具に比べ、床暖房は導入に工事が必要になるため初期費用が高くなります。
部屋が暖まるまでに時間がかかる
床暖房の種類やフローリングにより異なりますが、おおよそ30分~2時間ほどかかります。

床暖房には種類がある

床暖房は、大きく分けると「電気式」と「温水式」の2種類あり、暖める仕組みに違いがあります。

電気式

熱源機の必要がなく、床下に発熱体を設置し、その発熱体に電気を通して放熱します。

温水式

床下に温水パネルやパイプを設置し、給湯器などの熱源機で温めた温水をパネルやパイプに循環させて床を温めます。

電気式・温水式それぞれのメリット・デメリット

仕組みに違いがあるだけで、床から部屋を暖めるという基本的な性能は変わりませんが、メリット・デメリットが異なってきます。

温水式床暖房のメリット

・電気式に比べ、ランニングコストが安くなります。
・電気式に比べ、比較的早くお部屋が暖まります。
・リビングやダイニングなど、広範囲で長時間使う場合に適しています。
・スイッチを切った後もしばらくの間、温水の暖かさが床に残ります。
・熱源機次第でランニングコストを抑えることができます。

温水式床暖房のデメリット

・給湯器の工事や床下パイプなどの配管工事が必要になるため、電気式と比べると初期費用が高くなります。
・熱源機の故障や配管・パイプの不具合・部品交換など、メンテナンスコストが比較的高くなるのもデメリットの1つです。

電気式床暖房のメリット

・設置工事が簡単で、初期費用が安いためリフォームにも適しています。
・設置後のメンテナンス費用も比較的安く、発熱体の寿命も長いと言われています。

電気式床暖房のデメリット

・ランニングコストが温水式に比べ高くなります。
・温水式に比べ立ち上がりが遅く、暖まるまでに時間がかかります。

最後に

床暖房の種類、メリット・デメリットをご紹介しましたがいかがでしょうか?デメリットで気なるのは、やはり導入コスト・ランニングコストが比較的高いことだと思います。しかし、導入コスト・ランニングコストはかかるけど、床暖房の「快適」・「安心」と言ったメリットを考えると検討してみる価値もあるのではないでしょうか?
床暖房を導入したいけどランニングコストが気になるという方は、エコキュートやオール電化など、ランニングコストを安く抑える方法もありますので、そちらも導入に合わせて検討してみるのもいいかもしれません。

※今回は大きく2種類に分けて代表的なメリット・デメリットをご紹介しました。床暖房の種類や仕上げによってメリット・デメリットが異なる場合もあります。

Contact Us ご相談・お問合せは無料です

パシフィックホームの家づくりに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

0800-200-4166 受付時間 9:00〜18:00

【通話無料】タップで電話をかける