pacific home

無料
資料請求
分譲住宅
来場予約
MENU
Column

コラム

構造 2020.01.27

2×4工法について

2×4工法

最近は2×4工法が採用されることも多くなってきており、少し家について調べてみた方は、2×4工法(ツーバイフォー工法)という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?
パシフィックホームでも、分譲住宅・注文住宅ともに2×4工法を採用しています。
そこで今回は、2×4工法の特徴やメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

2×4工法とは

木造建築の工法の一つで、2インチ×4インチの木材が多く使われていたため、2×4(ツーバイフォー)工法と呼ばれるようになりました。日本では「木造枠組壁構法」とも言われています。
2×4工法は、北米の木造住宅に多く見られる工法で、地震や風などの外部からの圧力に強いと言われています。高い性能と信頼性から、日本でも多く採用されるようになりました。

メリット1:耐震性・耐風性に優れた構造

2×4工法は「木造枠組壁構法」という名前のとおり、天井・壁・床の「面」によって建物を支える構造になっています。段ボールをイメージしていただくと、わかりやすいかもしれません。
この構造はモノコック構造と言われ、新幹線やスペースシャトルなど、強度を求められるものに採用される強固な構造体です。
イラストのように、地震や風などの外部からの力を、面で受け分散・吸収させることで、高い耐震性・耐風性を発揮します。

メリット2:品質の安定化

2×4工法は、構造用合板と枠材が、釘や金物で強固に接合されています。そのため使用される角材の規格が統一されており、釘や金物を打ち込む間隔・場所など、色々と細かく決められています。
規格が細かく決められていることで、大工さんの技術や経験が原因となる品質のバラツキが少なくなり、品質の安定化につながっています。

 

メリット3:気密性・断熱性

2×4工法は、面同士で支えあう構造のため、接合部の密接度が高くなります。そのため、隙間の少ない気密性の高い住まいになります。気密性が高いということは、断熱性能も上がります。
また、壁内部がシンプルな構造のため、壁の中に断熱材をしっかりと充填でき、高い断熱性を発揮します。
近年では気温の変化が激しく、冷暖房が必須になってきています。特に真夏・真冬は電気代が気になる方も多いのではないでしょうか?2×4工法は気密性・断熱性が高いため冷暖房が効きやすく、ランニングコストを抑えることができます。

メリット4:火事にも強い構造

イラストのように、2×4工法は、各部屋が燃えにくい面材を使った気密性の高い構造になっています。さらに各居室間や1階・2階間は、防火シャッターのような効果を発揮するファイヤーストップ構造になっており、火の燃え広がりを遅らせます。
また、木造住宅は火に弱いと思われがちですが、ある程度の厚みのある木材は、燃えると表面に炭化層ができ、芯まで火が通りにくくなるという特徴があります。
そのため、住宅金融機構が定める「省令準耐火構造」として認定されていて、一般の木造住宅に比べ、火災保険料も約半額になります。(2019年12月現在)

デメリット1:間取りの変更が難しい

特にリフォームの際に言えることですが、間取りの変更に制限がかかってしまいます。2×4工法は壁によって支える工法になるため、構造上必要になる壁が存在します。将来、「広い空間を作ろう」「間取りを変更しよう」など考えている方は、建てる前に考慮しておく必要があります。

対策

注文住宅であれば、設計の際に計画しておくことで対策ができます。

デメリット2:結露が生じやすい

高気密・高断熱はメリットもありますが、内外の温度差が大きくなるというデメリットにもなってしまいます。温度差があることで結露が生じやすく、カビやダニの発生の原因となる可能性があります。

対策

パシフィックホームの2×4工法では、「外壁通気工法」という工法が取られており、壁の中に空気の通り道を作ることで、壁を呼吸させます。そうすることで室内の快適さを保ちながら、高断熱構造による内部結露を解消します。
また、窓においては、内側部分が樹脂コーティングされたサッシを採用することで、結露対策を行っています。

最後に

2×4工法は、メリットも多くありますが、デメリットがあるのも事実です。デメリットのほとんどは対策を取ることで軽減・解消することができます。
住宅の工法は後から変更ができないため、住まいづくりの際は、あらかじめ知っていてもらいたいと思います。
2×4工法は、耐震性や断熱性、防火性に優れた工法になります。また、パシフィックホームの分譲住宅では、間取りや内装に特徴を持たせると共に、家事動線や収納力にこだわることで、ご満足いただける住まいを目指しています。家づくりには譲れない部分もあると思いますが、是非一度パシフィックホームの物件をご見学ください。ご不明な点等ございましたら、弊社スタッフがご説明させていただきます。

Contact Us ご相談・お問合せは無料です

パシフィックホームの家づくりに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

0800-200-4166 9:00〜18:00 定休日:水曜日

【通話無料】タップで電話をかける