保証について

瑕疵担保責任保険「JIOわが家の保険」

保険期間中に住宅事業者の瑕疵担保責任の対象となる瑕疵によって対象住宅に床の傾斜・雨漏れ等が発生した場合、住宅事業者が修補等にかかった費用を JIO が住宅事業者に支払うものです。万が 一、住宅事業者の倒産等により相当の期間を経過しても、修補等の瑕疵担保責任が実行されない( 以下「 倒産等 」といいます。)場合は、住宅取得者様が JIO へ直接保険金の請求をすることができます。
日本住宅保証審査機構

パシフィックホームは第三者機関「日本保証検査機構」に住まいの検査を受託しています。

保険の仕組み
当社が住宅瑕疵担保責任に基づき修補を行い、JIOが修補費用の一定割合を保険金として支払う保険です。
この保険の利用にあたり、JIOの現場検査が2回行われ、買主様への保険付保証明書が発行されます。
これにより住宅品質の確保と修補不履行による買主様のリスクを軽減します。

保険の対象となる基本構造部分と保険期間

消費者を守る二つの法律
消費者が安心して住宅を取得できるように、新築住宅を供給する住宅事業者に対し 責任や義務を定めた2つの法律があります。
住宅品質確保法と住宅瑕疵担保履行法

保険の対象となる基本構造部分と保険期間

保険証券記載の引き渡し日から10年間
修補費用等の保険金の支払い対象となるのは構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分です。
( 保険契約の引受けにあたって、JIO はこれらの部分の施工状況について現場検査を行います。)

お支払する保険金の内容

お支払いする主な保険金は次のとおりです。それぞれ事前に JIO の承認が必要です。
修補費用

事故(※)を修補するために必要な材料費、労務費、その他の直接費用

※事故とは、対象住宅の基本構造部分の瑕疵に起因して、対象住宅が基本的な耐力性能または防水性能を満たさない場合
をいいます。
仮住居費用・転居費用
対象住宅の居住者が瑕疵の修補のために住宅の一時的な移転を余儀なくされたことによって生じる仮住居費用および転居費用
損害調査費用
対象住宅の事故が発生したことにより修補が必要となる場合に、修補が必要な範囲、修補の方法、または修補の金額を確定するための調査に要する費用
求償権保全費用
住宅事業者が求償権を保全するために必要な費用

保険金の支払い限度

お支払いする主な保険金は次のとおりです。それぞれ事前に JIO の承認が必要です。
項目 限度額
「1住宅」または「1住戸」あたりの限度額(保険期間につき) 2.000万円
お支払いする主な保険金は次のとおりです。それぞれ事前に JIO の承認が必要です。
※この保険契約には「故意・重過失特約条件」が付帯されています。これにより住宅事業者の故意・重過失による損害であっても、住宅事業者の倒産等の場合には住宅取得者からの直接請求により2,000万円を限度に支払われます。

次の費用については上記の限度額の内枠で、以下の記載金額を限度とします。
仮住居費・転居費用限度額
(1回の事故につき)
50万円(1住宅または1住戸)
損害調査費用の限度額
(1回の事故につき)
50万円または修補金額の10%のいづれか小さい額
ただし、修補金額が100万円未満で調査費用が10万円以上の場合は10万円

暮らしを守る盾となる地盤サポートシステム

当社では第三者機関「ジャパンホームシールド株式会社」の実績ある解析力により不同沈下しない地盤対策が施されています。

調査から品質保証までの流れ

1

基礎配筋工事

調査は住宅の建築に適したスウェーデン式サウンディング試験を採用してします。住宅の建築予定地にあわせて5ポイント(通常建築の場合)の地盤データを採取。これにより敷地内における地盤の締まり具合の偏りや深さごとの土の性質を知ることができます。
※設計地耐力等によりボーリング調査を実施致します。

(スウェーデン式サウンディング試験)
(建物配置と測定ポイント)


2

解析

調査で収集したデータのみならず、地形地質・土地条件等から過去41万件以上の解析実績によるノウハウを駆使して徹底的に解析します。独自に開発された「地理情報システム」で調査データだけでは見抜けない建設予定地の正確な地盤情報を収集判断し、不同沈下しない地盤の対策を立案します。
3

報告

解析の結果、軟弱地盤と判定した場合、土地状況に応じた基礎仕様の提案や地盤改良工事を提案及び実施します。


4

対策提案

解析の結果、軟弱地盤と判定した場合、土地状況に応じた基礎仕様の提案や地盤改良工事を提案及び実施します。

様々な基礎

5

品質保証

不同沈下しない地盤の品質をお約束。基礎着工日に始まり、引き渡し日から10年間保証します。
申込み物件の地盤についてJHSの定める品質基準に合格した場合に、その旨を保証します。
保証期限お引渡しより10年
※品質保証期間の開始日はジャパンホームシールドが地盤品質の適合を確認した日及び基礎着工日の両方の条件を満たした日となります。
注文住宅をお考えの方
分譲住宅をお考えの方


資料請求・お問い合わせフォーム
ご来場・見学予約フォーム