パシフィックホームのテクノロジー

地震に強い家

耐火性能に優れた素材と構造、さらに繰り返し行われた耐火・耐震実験の成果により2×4工法は、
木造住宅で初めて国土交通大臣による耐火構造認定を取得。この認定により火災保険料率が低く設定されています。
火災保険料が、在来工法に比べて約半額になります。

省令準耐火住宅に認定。火災保険が半額になります!

火災時には実は安全な木材

一般的には木材は火に弱いイメージがありますが、木材は燃焼すると表面に炭化層を形成し、火が内部までなかなか進行しないため強度が低下しにくい性質を持っています。一方、鉄は熱が加わると急激に強度が低下致します。
700度~1200度前後までに達すると言われる現実の火災において実際の建物を使った火災実験の結果などからも木造住宅は高い耐火性能を持つとされています。
木・鉄の加熱による強度の低下
資料/(財)日本住宅木材技術センター

延焼・類焼を防ぐファイヤーストップ構造

一般の木造住宅や鉄筋鉄骨住宅などの軸組構造は、火災の際に火が壁の内側や天井裏を伝わって、住まい全体に燃え広がってしまう危険性があります。それに対し2×4工法は、燃えにくい面材で構成する上に気密性が高く、火の進行を遮断
さらに1階や2階、各居室間などの火の通り道にファイヤーストップ材を使用。壁、天井内にも火の燃え広がりを食い止める構造材が入っています。(ファイヤストップ構造)

木材への延焼を防ぐ石膏ボード

2×4住宅はすべての天井・壁の内側全面に厚さ12.5mmの石膏ボードが取り付け施工してあります。石膏ボードには約21%の結晶水が含まれており、炎が当たると熱分解をおこして約20分もの間、水蒸気を放出するという優れた特性を発揮。このため火災が発生しても天井裏や壁内の温度が上昇しにくく、構造材が発火するまでの時間を遅らせることが出来ます。

断熱材に国土交通省から不燃材として認定されているグラスウールを採用

断熱材であるグラスウールも国土交通省から不燃材として認定されている材料で、火災時の熱が伝わりにくく変形劣化が小さいため、断熱材の機能を失いません。これにより耐火性能がさらに高くなります。

木造住宅初の耐火構造認定

耐火性能に優れた素材と構造、さらに繰り返し行われた退化・耐震実験の成果により2×4工法は、木造住宅で初めて国土交通大臣による耐火構造認定を取得。この認定により火災保険料率が低く設定されています。
資料請求はこちらから

ご来場・見学予約フォーム