パシフィックホームのテクノロジー

高断熱・高気密

パシフィックホームの2×4住宅は断熱性・気密性に優れ冷暖房効率が高いことが特長です。
さらに当社では住宅技術基準である「省エネルギー対策等級4」を取得。高断熱・高気密住宅をご提供しております。

断熱性能を最大限に活かせる構造体

2×4住宅の外壁は大壁構造のために枠組み材の間に空気層を形成、断熱材はその空気層に充填するため施工性能が高く、
構造体全体をキチンと断熱し、気密性も高めるために建物全体が優れた断熱性・気密性を持っています。

省エネルギー対策等級4

パシフィックホームの2×4住宅は平成12年10月に開始された「住宅性能表示制度」の省エネルギー対策等級4を取得。
この基準は、住宅の品質確保等に関する法律(平成11年法律第81号)に基づく
評価方法基準(平成13年国土交通省告示第1347号)5-1省エネルギー対策等級に定められている等級4の基準であり、
住宅を断熱材で包み込むことにより、従来よりも高水準の断熱性を実現しました。
■省エネルギー対策等級4の仕様
  • (1)天井・外壁に厚さ90mm高性能グラスウール16K断熱材を充填
  • (2)床面には60mm厚A種ポリエチレンフォーム3種断熱材を採用
  • (3)外壁部に通気層を設ける
  • (4)窓部にはLow-Eガラスを採用
  • (5)玄関ドアは断熱サッシを導入
Low-Eガラス
断熱玄関ドア

近年、地球温暖化防止対策などの観点からも
省エネルギー対策の強いご要望にお応えしております。

寒冷地仕様の気密性能

気密測定器
気密測定器
パシフィックホームにおいて、気密測定を行った結果、相当隙間面積(C値)が2以下(寒冷地仕様と同等)という結果が得られました。暖冷房エネルギーのロスが少ない省エネ住宅といえます。
※相当隙間面積(C値)とは…建物/m2あたりの隙間面積のこと。

相当隙間面積が2以下


フラット35S対象物件

住宅技術基準「省エネルギー対策等級4」を取得することにより独立行政法人 住宅金融支援機構提供の長期固定金利住宅ローン「フラット35S」を利用することが出来ます。
「フラット35S」は最長35年長期固定金利、保証料0円、繰り上げ返済手数料0円などメリットいっぱいの金融商品です。
借入時に返済額が確定するので長期にわたりライフプランがたてやすく、安心して暮らしていただけます。
※掲載写真はイメージを含みます。色目地、柄等の見え方が異なる場合、実物が優先されます。
掲載の設備・仕様は説明、意匠用に一部イメージを含んでおります。また商品改良のため仕様が変更になることがあります。予めご了承下さい。
資料請求はこちらから

ご来場・見学予約フォーム